解体コラム 建築物石綿含有建材調査者の資格を取得致しました!

コラム

建築物の解体の際には、石綿含有建材が使用されているかどうかの調査を行う必要があります。その調査者に必要な資格として「建築物石綿含有建材調査者」があります。

※建築物石綿含有建材調査者の義務化と現状
令和5年10月より、建築物の事前調査を行う者の資格要件が義務化されますが、現行においても、国の通知により、石綿に関する一定の知見を有し的確な判断ができる者が行うこととされています

現在、石綿(アスベスト)を使用した建物の解体工事による排出を抑制するため、対象建材の拡大や、罰則の拡大等が行われています。

当社では建築物石綿含有建材調査者の資格を取得致しましたので、お客様により安心、安全な解体工事を提供することが出来ます!

どうぞお気軽にご相談ください!

 

小林工業について詳しく見る